ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

ページの本文です。

MHI打上げ輸送サービス

現在位置
MHI打上げ輸送サービストップ > ロケット事業 > 三菱重工が考える輸送系の将来計画

三菱重工が考える輸送系の将来計画

「より安く」「より簡単に」「どんな貨物も」「どんな軌道へも」。広範囲な打上げ需要に対応するため、三菱重工は H-IIA/H-IIBロケットに次ぐ次世代ロケットとしてのロケットファミリー化構想を検討しています。

次世代のロケットファミリーについて

安全保障衛星・科学衛星・観測衛星、商用通信衛星、HTVのような宇宙ステーションへの運搬に加え、今後、日本のロケットが輸送する貨物として、宇宙空間施設に運搬する大型貨物、月・他惑星への探査機、さらには有人輸送機が検討されています。
これらの広範囲な打上げ需要に対応するため、三菱重工はH-IIA・H-IIBロケットに次ぐ次世代のロケットとして小型貨物から大型貨物まで容易に対応できるロケットファミリー化構想を検討しています。この次世代ロケットファミリーの実現により、「より安く」「より簡単に」「どんな貨物も」「どんな軌道へも」対応できる打上げ輸送サービスを目指します。


ロケット事業

おすすめ

H2A/H2Bロケットに関するお問い合わせ 衛星事業・製造企業の方はこちら その他の方はこちら
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る

フッターメニューです。