ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

ページの本文です。

MHI打上げ輸送サービス

現在位置
MHI打上げ輸送サービストップ > ラインアップ > H-IIAロケット

H-IIAロケット

H-IIAロケットは第1段・第2段・フェアリング・固体ロケットブースター(SRB-A)の各部で構成されており、液体水素/液体酸素を推進システムとして搭載している高性能大型ロケットです。標準型と呼ばれるH2A202型とSRB-Aを4本取り付けられたH2A204型があります。

H-IIAロケットの第1段は、第1段の主エンジンである高性能なLE-7Aエンジン、エンジン部、液体水素や液体酸素を収容する推進薬系のタンク、各タンクを結合する中央部と第1段と第2段を結合する段間部から構成されています。H-IIAロケットの第1段には主エンジンの推力増強用として、 H-IIA用に新たに開発された固体ロケットブースター(SRB-A)が2本か4本取付けられています。

第2段は、高い信頼性を有するLE-5Bエンジン、液体水素・液体酸素を収容する推進薬系のタンク、機器搭載部に格納されている電子機器などから構成されています。LE-5Bエンジンは再々着火を可能にしたエンジンで、様々な打上げミッションへの対応を可能にしています。

H-IIAロケットファミリー

全段

諸元 H2A202 H2A204
全長 53メートル 53メートル
総質量 289トン(人工衛星の質量は含まず) 443トン(人工衛星の質量は含まず)
第1段 1 (LE-7A×1基) 1 (LE-7A×1基)
第2段 1 (LE-5B×1基) 1 (LE-5B×1基)
SRB-A 2本 4本
打上げ能力※ 4.0トン 6.0トン
  • 静止遷移軌道(GTO)

各段

  第1段 固体ロケット
ブースタ(SRB-A)
(H2A202用)
第2段
推進薬 LH2/LOX HTPBコンポジット LH2/LOX
推進薬質量 100トン 65トン (1本分) 16.6トン
推進系 LE-7Aエンジン - LE-5Bエンジン
推力 1,098キロニュートン 2,520キロニュートン(1本分) 137キロニュートン
燃焼時間 390秒 100秒 多数回再着火可能
アイドルモード機能
比推力 440秒 283秒 448秒
アビオニクス系 誘導制御計算機
指令破壊システム
レートジャイロパッケージ
横加速度計
VHFテレメトリ
電力
- 誘導制御計算機
慣性計測装置
指令破壊システム
UHFテレメトリ
Cバンドトラッキング
指令破壊コマンド受信機
電力

衛星フェアリング・アダプター

ペイロードフェアリングは、お客様の衛星を軌道上まで安全に運ぶため、大気中をロケットが飛行する際の厳しい環境から衛星を保護します。衛星分離部は、衛星とロケットを結合する部分です。

H-IIAロケットの打上げでは、世界中の主要な衛星に適合し、また、お客様の要求に合う形態での打上げに対応できるように、様々な形状のフェアリング・衛星分離部を準備してあります。

ペイロードフェアリング

シングルロンチ用フェアリング

  • Model 4S, Model 5S

デュアルロンチ用フェアリング

  • Model 4/4D-LS, Model 4/4D-LC

衛星分離部

H-IIAロケット用衛星分離部

ここでは国産が可能な代表的な衛星アダプタを紹介しておりますが、お客様のご要求に応じて、どのインタフェースにも対応し世界標準となっている海外メーカー製造アダプタも準備可能です。

世界の主要な衛星バスと適合性があります。

タイプ PLA(注) 937M PLA 1194M PLA 1666MA
PLA 937M PLA 1192M PLA 1666MA
適合可能な
衛星バス(例)
Star-2シリーズ LS1300
A2100シリーズ
Eurostarシリーズ
Spacebusシリーズ
Boeing702Bシリーズ
DS2000
DS2000
  • (注) PLA:PayLoad Adaptorの略で衛星分離部の事。

ラインアップ

おすすめ

H2A/H2Bロケットに関するお問い合わせ 衛星事業・製造企業の方はこちら その他の方はこちら
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る

フッターメニューです。