ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

ページの本文です。

MHI打上げ輸送サービス

現在位置
MHI打上げ輸送サービストップ > 打上げ輸送サービス > 打上げ輸送サービスとは

打上げ輸送サービスとは

「打上げ輸送サービス」とは、お客様の貨物(人工衛星)を「決められた日に」「ご指定の場所に」「確実に」届けるための一連のサービスです。三菱重工は、2007年のH-IIAロケット13号機より「打上げ輸送サービス」を開始しました。2013年には、H-IIBロケットの打上げ輸送サービスも開始され、更に幅広いサービスが可能となりました。
当社の打上げ輸送サービスの最大の特長はロケットの製造から、ロケットと人工衛星間のインターフェース調整、プログラム・マネージメント、そして打上げまで「一貫したサービス」を提供できる点です。
ロケットを熟知したエンジニアが、お客様である衛星製造企業、衛星ユーザーの皆様の対応にあたります。そのため、サービス全工程において首尾一貫した適正な判断が可能です。
今後もお客様の視点にたった「使いやすさ」を追求し、打上げ成功を続け、「確実で」「使いやすい」打上げ輸送サービスを提供してまいります。

打上げ輸送サービスの3つの目標と実績

1. お客様視点にたった「使いやすさ」

ロケット開発や打上げ業務に携わった経験を豊かな専門スタッフが、ロケットの製造、ロケット・衛星間のインターフェース調整、射場での衛星準備支援、打上げ業務まで一貫したサービス提供を努めます。
打上げ輸送サービス全般のプログラム管理、調整を行う「プログラムマネージャー」のもと、お客様の衛星ごとに「ミッションマネージャー」と呼ばれるコンタクトパーソンを配置。ミッションマネージャーは契約からサービスの履行、個々のプログラム・スケジュール管理に責任を持つと共に、ロケット製造チームや打上げ作業チームと密に連携をとり、製造から打上げまでの様々な課題を速やかに解決し、確実な打上げを実現してまいります。
当社の知識、経験、チームワークをフルに活用した体制により、お客様にきめ細かなサービスをご提供いたします。

三菱重工は今後約10年間にわたって、H-IIAおよびH-IIBロケットを使った打上げ輸送サービスで「確実な打上げ」を続けてまいります。「より使いやすいロケット」を実現するためにH-IIAロケットの改善を図っていく計画であり、H-IIAロケットの競争力強化の実現に向けて関係機関に働きかけています。

H-IIAロケットの能力の改善

現在のH-IIAロケットの寿命は、打上げから約50分です。これは第2段に搭載している電池の寿命です。この寿命を約5時間まで延ばすことによって、人工衛星の分離地点を従来の静止遷移軌道の近地点近傍から遠地点近傍とし、さらに人工衛星の運用軌道である静止軌道への移行に必要な増速量を従来より低減した状態で分離することができます。
その結果、静止衛星の寿命を延ばすことが可能となり、更に搭載可能な人工衛星の質量を増加することができます。

価格競争力の改善

お客様にとって重要な選定要素である価格に対し、魅力的なご提案ができるよう、現在関係会社と一体となりコストダウン活動を行っております。また、H-IIAロケットの競争力強化のための改善の一環として、信頼性を維持し製造コストの低減を図りつつ、打上げ射場運用の効率化に取り組んでいきます。

2. 「ご指定の場所に、確実に届ける」 信頼性の高い打上げ

人工衛星が飛ぶ道筋を「軌道」と呼びます。軌道は人工衛星の目的によって異なります。
ロケットの役割は、できる限り少ない誤差で衛星を目的の軌道に投入することです。
H-IIAロケットは軌道投入の精度が非常に高く、信頼性の高い打上げを続けています。また、様々な軌道に衛星を投入してきた実績があるのも特長の一つです。

3. 「決められた日に届ける」 確実な打上げ

打上げ作業に入ってから延期がなく打ち上がった場合を、「定刻打上げ」と呼んでいます。H-IIAおよびH-IIBロケットはH-IIA9号機以降、天候悪化をのぞいて定刻打上げを続けており、「スケジュール維持」に定評があります。
人工衛星を投入する軌道によって、打上げ可能な時間帯(ロンチウィンドウ)は異なります。ロンチウィンドウが2時間あるケースもあれば、月や国際宇宙ステーションなど打上げの目的となるターゲットが動いている場合には、打上げ時刻に1秒の狂いも許されないケースもあります。当社はそのような厳しい打上げ条件もクリアし、確実な打上げを実績として重ねています。

号機No. /
投入軌道
打上げ予定日時 実際の打上げ日時
遅延理由
H-IIA 32号機 /
非公開
2017年1月24日 16:44:00 2017年1月24日 16:44:00
定刻打上げ
H-IIB 6号機 /
ISS
2016年12月9日 22:26:47 2016年12月9日 22:26:47
定刻打上げ
H-IIA 31号機 /
GTO
2016年11月2日 15:20:00 2016年11月2日 15:20:00
定刻打上げ
H-IIA 30号機 /
円軌道
2016年2月17日 17:45:00 2016年2月17日 17:45:00
定刻打上げ
H-IIA 29号機 /
GTO
2015年11月24日 15:50:00 2015年11月24日 15:50:00
定刻打上げ
H-IIB 5号機 /
ISS
2015年8月19日 20:50:49 2015年8月19日 20:50:49
定刻打上げ
H-IIA 28号機 /
非公開
2015年3月26日 10:21 2015年3月26日 10:21
定刻打上げ
H-IIA 27号機 /
非公開
2015年2月1日 10:21 2015年2月1日 10:21
定刻打上げ
H-IIA 26号機 /
小惑星往復
2014年12月3日 13:22:04 2014年12月3日 13:22:04
定刻打上げ
H-IIA 25号機 /
GTO
2014年10月7日 14:16~18:16 2014年10月7日 14:16
定刻打上げ
H-IIA 24号機 /
太陽同期準回帰軌道
2014年5月24日 12:05~12:20 2014年5月24日 12:05
定刻打上げ
H-IIA 23号機 /
GPM主衛星
2014年2月28日 3:37~4:37 2014年2月28日 3:37
定刻打上げ
H-IIB 4号機 /
ISS
2013年8月4日 4:48:46 2013年8月4日 4:48:46
定刻打上げ
H-IIA 22号機 /
非公開
2013年1月27日 2013年1月27日
定刻打上げ
H-IIB 3号機 /
ISS
2012年7月21日 11:06:18 2012年7月21日 11:06:18
定刻打上げ
H-IIA 21号機 /
SSO
2012年5月18日 1:39 2012年5月18日
定刻打上げ
H-IIA 20号機 /
非公開
2011年12月12日 2011年12月12日
定刻打上げ
H-IIA 19号機 /
非公開
2011年8月28日 2011年9月23日
機器不適合
H-IIB 2号機 /
ISS
2011年1月22日 14:37:57 2011年1月22日 14:37:57
定刻打上げ
H-IIA 18号機 /
準天頂遷移軌道
2010年9月11日 20:17 2010年9月11日 20:17
定刻打上げ
H-IIA 17号機 /
金星遷移軌道
2010年5月21日 2010年5月21日 6:58:22
定刻打上げ
H-IIA 16号機 /
非公開
2009年11月28日 2009年11月28日
定刻打上げ
H-IIB 1号機 /
ISS
2009年9月11日 2:01:46 2009年9月11日 2:01:46
定刻打上げ
H-IIA 15号機 /
SSO
2009年1月23日 12:54 2009年1月23日 12:54
定刻打上げ
H-IIA 14号機 /
GTO
2008年2月23日 16:20 2008年2月23日 17:55
地上風の影響 他
H-IIA 13号機 /
月遷移軌道
2007年9月14日 10:31:01 2007年9月14日 10:31:01
定刻打上げ
H-IIA 12号機 /
非公開
2007年2月24日 2007年2月24日
定刻打上げ
H-IIA 11号機 /
GTO
2006年12月18日 15:32 2006年12月18日 15:32
定刻打上げ
H-IIA 10号機 /
非公開
2006年9月11日 2006年9月11日
定刻打上げ
H-IIA 9号機 /
GTO
2006年2月18日 15:27 2006年2月18日 15:27
定刻打上げ

サービス内容

お客様とのご契約前の調整から、ご契約後の打上げまで、簡潔で万全な一貫したサービスをご提供するため、お客様から見たコンタクトポイントは当社のみです。打上げ輸送サービスを行うにあたり関連する宇宙関連メーカー、保険会社、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、関連省庁等との調整は当社にて行います。

H-IIAロケットのサブコンポーネントは宇宙関連メーカーに協力をいただき、打上げ輸送サービスに関する保険はお客様のご要望に応じて保険会社と調整いたします。また電波や危険物などを扱うために必要な法手続きは、関連省庁への承認作業を進め、安全監理業務、ダウンレンジ業務、打上げ射場設備の維持等についてはJAXAに協力を仰ぎながら、確実で信頼性の高い打上げを実施します。

サービス関連図

  • MHI打上げ輸送サービス関連図

三菱重工の主なサービス内容

プログラム・マネジメント

ご契約後、約2年でお客様の人工衛星を打ち上げます。この間、人工衛星のご要求にあわせてロケットを製造し、様々な解析や試験、審査会を行っていきます。確実な打上げの履行のために、スケジュールおよびプログラムの管理など一連の作業を総合的に管理するのが、プログラム・マネジメントです。
当社では、年間を通して複数の打上げを実施するため、製造・試験・打上げに関わる設備や人員の調整も必要です。ロケットや衛星の製造が何らかの事情により予定どおり進まない場合もスケジュールを柔軟に修正していきます。またJAXA種子島宇宙センターにお客様の人工衛星が搬入された後は、衛星側作業のサポート、衛星とロケットとのインターフェースの調整、さらに必要な場合には会議室や通訳のアレンジまで、きめ細かく対応します。

ミッション・インテグレーション

お客様の人工衛星は当然のことながら毎回異なります。人工衛星のサイズ、質量、投入する軌道、打上げ時期などお客様の条件やご要望を洗い出し、ニーズに合うロケットを準備する必要があります。ハードウェア、ソフトウェアを含めてロケットの仕様を検討し、技術的調整をとりまとめる作業です。

ロケット製造

ミッションインテグレーションで検討した要求に合わせてロケットを製造します。設計者の意図通り製造が進められているか、要求する品質が保たれているかなど、審査や試験を行い品質評価を重ねながら進めます。
H-IIA打上輸送サービス事業の根幹は打上成功の継続でありますから、確実に成功させるための号機毎の信頼性を確認する活動のひとつとして「品質評価活動」を実施しています。これは、通常の設計・工作・品証各部門それぞれの担当作業範囲とは別の切り口として、推進系や電気系等の各系統毎に内容を熟知している設計責任者を配置し、技術要求から製造結果までの全ての工程を横断的に見渡し、それぞれの系統毎に打上げ準備が整っていることを確認する活動です。この活動は試験機1号機から実施しており、号機を重ねる度に新しい視点・テーマを加え充実させ成果を挙げています。

ミッション・モディフィケーション

お客様の人工衛星は、ロケットと衛星をつなぐ衛星アダプタに結合された後、衛星フェアリングに収納され、ロケットの先端に搭載されます。個々の人工衛星に合わせて衛星アダプタと衛星フェアリングを用意する作業がミッション・モディフィケーションです。衛星フェアリング、衛星アダプタともに、衛星の大きさ・仕様に合わせて複数準備しています。衛星フェアリングの整備作業用ドアの位置を衛星の仕様によって決定するなど、打上げに支障のないように準備を進めます。

打上げ業務

打上げ執行責任者としてロケットの打上げを行います。人工衛星の状態、ロケットの状態、気象条件、JAXAが実施する追跡管制および安全監理の準備/実施状況など全ての状況を確認し、最終的に打上げを行うかどうかの判断を行います。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の役割

打上げ射場である種子島宇宙センターはJAXAの施設であり、三菱重工はJAXAから施設を借用して打上げ業務を行います。
JAXAは打上げ安全監理業務の責任者です。H-IIAおよびH-IIBロケットの予定飛行経路周辺の海上に一般の船が入っていないか、打上げ射場に安全が確保されているか等を確認し、安全の観点から最終的に打上げを行っていいかどうかの判断を行います。
さらに打上げ施設の維持も担当します。
また、打上げ後にレーダー追尾によりロケット飛行状況を追跡しますが、その追跡のために、日本だけでなく海外の管制局の運用もJAXAが行います。安全なロケットの打上げのためJAXAの役割は非常に重要です。

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る

フッターメニューです。